株式情報発信blog〜略してカブログ〜

石田 将彦が発信する、株式情報のブログです。(投資顧問業ではございません。お間違いないようにお願いします。) 投資は自己責任です。本ブログの情報によって生じた損害の一切の責任は負えませんのでご了承ください。
日経225日経平均
香港ハンセン香港ハンセン
NYダウNYダウ
為替(ドル円)為替(ドル円)


東京原油東京原油
東京金東京金


Google

2007年07月27日

任天堂絶好調で急騰した関連銘柄群

もうこうなるとインチキとしか言いようがない気もします(爆)

確かに「人気化」してるのかも知れませんが…

もう充分バブル圏ですよ。

つい最近4万円が目標株価というレポートが出て、みんなびっくりしてたというのに…それが昨日は61800円。しかもストップ高。

これはもう「大きな仕手戦」ですよ。

でも、空売りもそんなに膨らんでいませんから、実需なのかも知れません。

それにしてももう「買われ過ぎ」です。

ここから乗るのは厳しいかも知れません。

まあ、他の銘柄を探した方が無難でしょうねw


ネット証券なら手数料も安いのでこれから株を始める方にはぴったりです。
コスモ証券

ちなみに、こういう情報って、知ってる人だけ得をするんですよねw


損をしない!非常識日経225必勝法!さらに購入者全員に無料にて勝つ投資術実演講習会を実施中!!さらに「95%勝てるオプション取引必勝法マニュアル追加【電話解説付き】




以下Livedoorニュース
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 任天堂の株価がうなぎ上りだ。06年12月に発売した「Wii」効果で、当時1株2万7000円台だった株価は5万3000円台とほぼ2倍増。時価総額は7兆5000億円となりソニーを抜き去った。こうなると、その恩恵に浴する「任天堂関連銘柄」も笑いが止まらない。

 Wii発売以降、株価がどのくらい上昇したかを年初来高値で比較すると一目瞭然だ。コントローラーを作るミツミ電機は2.17倍、次いでゲームソフトのハドソン1.92倍、トーセ1.66倍のほか、ゲーム関連のスクウェア・エニックス、バンダイナムコホールディングスなどが2割程度上がった。

 最も大儲けしているのは京都銀行だ。同銀株価が1.49倍になったというだけではない。京都銀は任天堂の主力銀行で、4.5%の任天堂株を持ち、創業者の山内溥氏(10.0%)に次ぐ2番目の大株主。保有する任天堂株の時価総額が3400億円規模となり、含み益はわずか8カ月余りでナント! 約1700億円も膨らんだのだ。

「実は、これまでは序章にすぎない」

 市場関係者の間ではこんな見方が通り相場になっているようだ。日興シティ証券は任天堂の目標株価を6万円、外資系のカリオン証券は「12カ月以内には8万円」とブチ上げている。これはWiiが日本や欧米でも大ブレークし、9600億円(07年3月期)の任天堂の売上高が2010年には2兆円になると予測するためだ。「当然関連銘柄も上がる。本格的な上昇はこれから」(証券幹部)と鼻息が荒い。任天堂はまさに打ち出の小槌のよう。さて、皮算用はホントになるか?

posted by いしだ at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 個別銘柄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49372781
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: Ltd.)は、京都府を中心とした地方銀行である。京都府京都市に本店がある。京都府の指定金融機関。企業キャッチフレーズは「飾らない銀行」。京都府内の市町村と滋賀県・大阪府・奈良県・東京都に支店と出張所..
Weblog: 東証上場企業1
Tracked: 2007-08-07 10:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。